在宅訪問について

田中薬局では、薬剤師による在宅訪問を実施しています。
(在宅訪問薬剤管理指導、居宅療養管理指導)

薬剤師の在宅訪問とは?

患者さまのご自宅やご入居先に薬剤師が訪問し、医師の処方せんをもとに、お薬のセットや薬剤管理を行います。

服薬に関するご相談はもちろん、体調や副作用のチェック、残薬などを調整・管理します。

また、患者さまに寄り添うご家族の不安や悩みについても、お話しをお伺いしサポートします。症状や服薬方法でお困りのことなどご相談ください。

こんなことでお困りの方、田中薬局にご相談ください。

  • 薬局に行くのが大変。
    困難。

    患者さまの症状や生活状況によっては、薬局に薬を取りに行くのが困難な場合もあります。
    薬剤師が定期的にご自宅やご入居先を訪問し、処方せんをもとにお薬をご用意します。

  • お薬の飲み忘れがある。
    種類が多くて分からなくなる。

    お薬の種類が多かったり、朝・昼・晩の服用するお薬が違ったりすると、飲み忘れにつながります。薬剤師が残薬保管状況を確認し、飲みやすい服薬方法をご提案します。

  • 薬が飲みづらい、
    服薬の介助がいる

    飲み込むのに時間がかかったり、服薬時に介助がいる場合、薬剤師が訪問し服薬のお手伝いをすることができます。患者さまもご家族も安心して服薬することができます。

在宅訪問までの流れ

  • STEP 1

    ご本人・ご家族の同意

    薬剤師の在宅訪問は、患者さま本人、ご家族の同意のもとで始めます。気になることがございましたらご相談ください。

  • STEP 2

    医師の同意

    かかりつけ医に報告し、薬剤師の訪問について同意をもらいます。

  • STEP 3

    お薬の準備

    医師の処方せんのもと調剤したお薬を準備します。
    患者さまの状況に合わせて訪問日時を決めさせていただきます。

  • STEP 4

    ご訪問・服薬サポート

    患者さまのご希望のもと決定した日時にお薬を持って、薬剤師が訪問します。患者さまに合わせた服薬サポートをさせていただきます。

  • STEP 5

    情報共有・連携

    訪問後は、かかりつけ医へ患者さまの体調・服薬状況などを報告。
    状況によっては看護師やケアマネージャーなどと共有し、連携してケアを行います。

在宅訪問のご利用料金

介護保険をご利用の方
(1割負担)

【訪問1回につき】

  • 単一建物居住者1人 507
  • 単一建物居住者2~9人 376
  • 単一建物居住者10人以上 344

介護保険をご利用の方
(1割負担)

【訪問1回につき】

  • 単一建物居住者1人 650
  • 単一建物居住者2~9人 320
  • 単一建物居住者10人以上 290

医療・介護制度に基づき居住環境や保険負担割合により、金額が異なります。
薬剤師の訪問は介護保険の利用限度額の枠外です。

pagetop